2011年06月29日

第1回目ハローボイスワークショップが無事に終わりました。

先日の6月25日、ハローボイス発売後、初のワークショップが行われました。

本当は、3月の19日に開催予定で、発売元である自社のアニマートでも
マスコミ約300社宛てにリリースシートを配布し、万全の対応で望んでいたのですが、
3.11の震災によりあえなく中止、延期となり、今回の開催に結びつきました。


ワークショップは、ハローボイスを持参した方、当日購入した方、
効果を試したい方などが集まり、総勢20名ほどのメンバーで
約1時間の講座となりました。
ご参加の皆様ありがとうございました。
(写真は会場Stage pfの田中店長さんの撮影によるものです)

HVWS1.jpg


HVhanbai.jpg

中には2時間以上もかけてきた下さった方や、この日のために事前購入してくださった方も
いて、皆さんの真剣で熱いまなざしの中で行われ、会場は熱気に包まれておりました。

そして、私もこの日のために「ボイトレの極意」という小冊子を作り、
皆さんにお土産としてお持ち帰りいただきました。
(自分で言うのもヘンですけど、発声や発音のポイントを記した「あんちょこブック」で
見やすいものに出来上がりました)

HVbook.jpg


そして、その後に開かれたアニマート設立1周年パーティは、ゲストの方や、お客様も加わり
アトラクションのミニライブ、そして歓談で楽しんでいただきました。

ミニライブ出演者
司会&進行 藤井みく&ともみぃ
はみんぐばーど さん(コーラスグループ)
KAZZ&kiki  さん(シンガーソングライター&ピアノデュオ)
おおさとゆかり さん(シャンソンシンガー)
みともちあき  さん(ダンサー)
Millio さん(アニメシンガー、シンガーソングライター) 
(出演者の皆様、盛り上げてくださいましてありがとうございました。
お客様からも多数の楽しかったという感想を頂いております。)

さらに当日来られなかった comicaさん、ジャズシンガーの佐野亜利亜さんからは
お花とお菓子の差し入れを頂きました。

そして最後の極めつけに田中店長さんからの、サプライズなお祝いケーキ!


会場のたくさんの方からの祝福と笑顔を受けて、設立からあっという間に過ぎた
この1年、ハローボイスの考案と開発、そして制作などを振り返り、

次年度に向けてますます頑張らねばという決意を持ちました。


皆さんの気持ちが本当にすごく嬉しかったです。
ありがとうございました。


私も今までと変わりなく、いや今まで以上に、どこまで出来るかわからないけど、
声に関して、そして音楽を通して役立ちたいと思う次第です。
人のため、世のため、自分に出来ることをやっぱりやり続けていかなきゃね。

声で人生が変わるのならば、それをもっともっと勧めて、その人にとって
明るい人生となるように力を尽くしたいと思っています。

どうぞ、皆様これからもよろしくお願いいたします。

tenmihon2.jpg


posted by LINA at 09:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

ハローボイスワークショップのお知らせ

みなさんこんにちは。菅原里奈です。



 2010年6月15日に合同会社アニマートを起業して早や一年。
起業後は未知との遭遇の日々、わからないことばかりで、
無我夢中の一年でしたが、昨年末には私の考案、開発した発声補助器具
「ハローボイス」とボイトレ本とDVD「ミラクルボイスメイキング」を、
自社オリジナルにて販売をすることが出来ました。

おかげさまでプレスリリースや口コミなどの効果もあり、
毎日インターネットなどで全国からも注文が入ってきております。
これもひとえに皆様のおかげ。
日ごろから支えて下さっている皆様には大変感謝をしています。

そそこでハローボイスの発売を記念してのワークショップを、 開催いたします。




********************

「ハローボイス」ワークショップ&アニマート1周年ライブパーティ

日時:2011年6月25日

場所:「stage PF」
〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-14-12 uniビル地下1階(一階は冨士そばです)
電話:03-5486-1483 http://www.stagepf.com/
時間:ワークショップ/16:30 OPEN 17:00 START
     パーティ18:00〜 
料金:ハローボイス持参/2,500円
    ハローボイス未購入の方/3,000円(ハローボイス購入時に使える500円割引券付) 
軽食とお飲み物つき
主催:animato LLC
   東京都渋谷区神宮前4-1-24 オフィスイワタ第一2階C TEL03-6677-0572
   http://www.animatojp.com/



お申し込みは、前日までに連絡ください。

http://form1.fc2.com/form/?id=573412

またはメールでもOKです。

info@animatojp.com


********************

場所は東急田園都市線 三軒茶屋駅より徒歩1分の「stage PF」にて。
時間は17時よりハローボイス発売記念ワークショップを。
その後18時よりパーティー&ライブを開催します。軽食・飲み物付、
「あなたの本当の声が見つかる」おみやげ付です。

そしてパーティでは、ライブやアトラクションもあり、さらに

パーティ後はセッション&演奏タイムもありますのでミュージシャンの方々も大歓迎です。


本当はワークショップは3月19日に開催を予定していたのですが

3月11日の震災により一度延期になりました。、
ですが、皆様のご要望もあり、こうしてようやくワークショップを

再開できるようになりました幸せを心から嬉しく思っています。


皆様のお越しを心よりお待ちしています。


HV625チラシ.jpg








posted by LINA at 14:56| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

「英語喉」の上川先生のブログにて「ハローボイス」のレビューが載ってます!

みなさん、こんにちは!自分の本物の声を出していますか?

声は毎日喉を開くことを意識して出していないと戻ります。
先日、映画「英国王のスピーチ」を観てきて、たくさん思うことがありました。
この辺についてはまた改めて書くといたしまして。。。


さて、このブログでも「英語喉」についてご紹介していますが、
「英語喉」  http://eigonodo.com/  とは
著者である上川一秋先生の発見と開発によるネイティブ発音への道、
メソッドが書かれた本なのです。

eigonodo.gif

著書については下記のHPをご覧ください。
http://www.nippondream.com/


そして、このサイトの中の「ネイティブメソッドの歴史」

http://www.nippondream.com/method.htm

を読めばわかりますが、ネイティブ発音のメソッドは、まさに歌の発声と同じ仕組みなのです。


ありそうでなかった画期的な発声補助「ハローボイス」と、それを使ってのメソッドである
「ミラクル・ボイス・メイキング」は上川先生とのご縁もあり、考案・開発することができました。

そして、そして!なんと嬉しいことに、上川先生が、DVDをご覧になった感想を含め
レビューを書いてくださいました!


「菅原里奈先生のハローボイスレビュー<総まとめ> 特に感動した点は2つ」
http://estat.us/wordpress/?p=1179

↑ 上記のブログに色々書いていただいていますが、ちょっと転載しますね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私が、最も感動したのは、このDVDの最後の「英語歌詞について」のところです。
きらきら星の英語版を、生徒さんが挑戦されるのですが、最初は、こてこての日本語発音です。
ところが、ハローボイスを着用して練習して、それをはずしたとき、英語らしいパワフルな発声で
そのかたが歌い始められたのです(1時間6分めぐらいです)。
生徒さんも、びっくりされていました。
私もすごくびっくりしたことがあります。そのびっくり度は、こないだ、耳の不自由な女の子が、
聞こえていないと思うのに、正しい発音で発声しはじめたときの、びっくり度に似ています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


上川先生は、ネイティブが3ビートで発音している事も重要なポイントであると
言っておられます。

これは歌のリズムやビートと同じなのですね。

極論で言えば、喉が開くと、おのずと平たい日本語の発音は深い3ビートに
変わるのかも知れません。

英語部分のDVD未公開映像も機会があったら画像でアップしようと思いますが、
皆さんも是非、英語喉を試してみてください。

posted by LINA at 10:02| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

声は出している人にはかなわない?

ボイトレをしていますと、
いろんな方がいろんな目的でいらっしゃいます。

現在、健康を目的にしたボイストレーニング講座も開いているのですが、
初日に「この講座へ来たきっかけは?目的は?」 とリサーチしましたら、

◎ 声を出す機会がないので、ストレス解消したい。
◎ 歌が上手くなりたい。
◎ 麺ものを啜ると咳がでてしまうので。
◎ 美容のため。


と、さまざまでした。
そうですね、どれも当てはまりますね。

受講されている方の中には、パーキンソン病のかたもおられていて、
そのかたは、「口と顔の筋肉の訓練と、大きな声を出すことが
療養のひとつなので」
とおっしゃっておりました。

パーキンソン病
http://health.yahoo.co.jp/katei/detail/?sc=ST020230&dn=2&t=key

ここでいうボイトとレは、腹式呼吸と、喉の開放、そして顔の筋肉や声を出すための
筋肉の緊張と緩和です。

そして4月から開講して1ヶ月経ち、「その後変化はありましたか」と聞いてみました。
すると、麺が喉につまってしまう方は咳き込まなくなったと言い、
声が小さかった方は本当に大きな声が出て、
正直、最初お会いしたときに暗い顔をしていた方は頬骨が上がり、明るい顔に
なってきました。

声は出した人モン勝ちです。
これから自分が変わり、どんどん楽しくなってきますので続けて声を出す努力を
してくださいね。

前回のブログの聾唖者のリハビリではないですが、声を出す(歌う、しゃべる)
ことがあらゆる
両方に結びついているのだとあらためて感じました。

さて、久しぶりに動画をアップしました。

Vol.5の母音の続きです。このVol.6では 現在販売しているDVDの未公開映像も
入っていますので
是非ご覧ください。

posted by LINA at 15:26| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする