2011年01月07日

お餅と喉を開く関係って?

早いもので、お正月も1週間を過ぎようとしています。



7日は七草がゆですねーー。



私も早速新鮮な七草(はこべら・ごぎょう・すずしろ・せり・すずな・なずな・ほとけのざ)を用意して

7日の朝には作ろうと思います。

今はしっかりスーパーでセットで売っているんですよねー。

すずしろ なんて本当に可愛い小さな大根です(笑)


haruno7kusa.jpg


さて、このお正月、ニュースを見ていると、やはりお餅を喉に詰まらせてしまい

病院に搬送された方が多かったそうです。

いえいえ人事ではなく、高齢者だけかと思ったら、年々年齢層は広がっているそうで・・



原因は、噛む力、呑み込む力が弱まっているのだとか。



で、これを解決するには、普段からしっかり噛んで食べることと、

「喉を開いて大きな声でしゃべる」のをすることだとか。



これ、テレビで咽喉科の専門の先生がおっしゃっていました。



あーー、キターーーーーと思いましたよ。



ここでも、歌と同じで喉を開いてしゃべる。口を開ける。ということが大事なんですね。



そう思うとやっぱりハローボイスの出番なんだ−−−!って・・



ハローボイスはお餅を喉に詰まらせる事故も回避できるんだーー!




はい、でも自画自賛はこれ位にして、そろそろ本格的に声のブログを再開させていきたいと思います。



YOUTUBEも含め、分かりやすいボイトレを披露していきたいと思いますので

よろしくお願いいたします。





posted by LINA at 02:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。