2011年01月09日

声優さんのボイトレ。「ハローボイス」活用法

昨年末、そして年明けの年始まで、「ハローボイス」発売の準備に携わっていたので

仕事始めがいつだったのか分からないというお正月でしたが、

ボイトレのレッスンは今日が仕事始めとなりました。



今日のレッスンは声優さん関係のレッスンです。



台詞を言うということについては、俳優さんも声優さんも同じでしょ?と思うかもしれませんが、

表現するメディアによって、発声法は変わるんです。



俳優さんでも舞台とテレビ、映画では、台詞回しをはじめ、声の大きさだって違うし、

言葉の表現の仕方も違います。



声優さんは、マイクの前で表現しますからライブ?でない限り、録音物で勝負です。

だから基本はマイクにしっかりのる声でないと表現も何もないわけです。



そういう意味ではやはり響きのある声、台詞のフレージング、イントネーション、アクセント、プロミネンスが

自由自在にコントロールできないとマイクの前での表現が薄いものになってしまうのです。



そんなわけで、ハローボイスも発売になったことですし、今日は二人に使ってもらいました。

お二人はとても良い声を持っているんですが、喉の奥が固くて開かず、どうしても口発音になってしまい、

作り声っぽくなってしまうのです。

「作り声」は一昔前でしたら、アイドルっぽくて可愛いキャラとして「良し」とされた時代もありましたが、

今はどちらかと言うと敬遠されてしまい、そういう声でしゃべる人はキャスティングされません。

(時代の流れとともに、その辺も変化しているんですね)

だから矯正していかなければならないんです。

でも、分かっていても自分の感覚ではつかめない、体感できない。



…それが、今日お二人に使ってもらってすごく分かってもらい(体感してもらい)ました。



わずか30分レッスンのうち15分でですよ!



使う前の台詞と、使ったあとの台詞がまったく変わっていく声の違いが本人の耳で分かってもらえたんです。



あー、良かった!年明け早々、声のお年玉です。



将来のあるお二人なので、これをきっかけにどんどん変わっていって本当の台詞。本当の表現を

ゲットしていただきたいです!



それから、DVDに収録し切れなかった映像、または収録されている映像の少しの部分を

ボイスエクササイズのシリーズとして公開しています。

よろしかったらこちらものぞいてみてくださいね!


ハローボイスを使ったボイトレ『ミラクル・ボイス・メイキング』Vol.1




ハローボイスを使ったボイトレ『ミラクル・ボイス・メイキング』Vol.2



posted by LINA at 01:56| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。