2013年03月26日

カラオケで上手くなりたい(女性72歳)のレッスンレポートその3

さて、10日後のレッスンです。

女性とスタジオでお会いして開口一番
「観ましたよ〜天童さん。すごく楽に歌っている感じがします。口のあけ方も、下(の音程)から上(の音程)へも同じ声の感じでふわーと通っていて、私とは全然違いました。」

すばらしい!

天童さんの映像を観ただけでなく練習後の自分の声も聴き、歌の聴くポイントを変えたんですね。
これぞまさしく歌が上達するための第1歩です。

「ペットボトル(HV)練習はしましたか?」

「一日1回は鏡をみてやりました。」

そうなんです。1日1回3分でいいから自分の声と向き合うことが大事です。
鏡を見ながら喉を開く練習をしていれば、喉が開くことによって腹式呼吸になり、声も響きやすくなります。
(喉を開くイメージとは、舌の上にウズラの卵を乗せたイメージ、あるいはサランラップの芯を口にくわえたイメージです)

女性に口を開けて見せてもらいました。
まるほど、だいぶ舌の奥が下がってきて「のどちんこ」が
みえてきています。

「ナイスです。ではこれによって出てきた声をフレーズにつなげましょうね。」
と言って、声のウォーミングアップをして、発声練習を始めました。

なるほど、ご自分が納得したからなのか、前回のように
声を出すときの迷いがありません。硬かった声が柔らかくなってきました。
ただ、この時点では低いところは硬さが抜けてきたのですが高い音程ではやはりまだのどの力で押し上げようとしています。

喉を開いたまま音程が下から上まで繋げられればこの点は解消します。そのつなぎのポイントは「ん」なんですね。

「それでは今日は軟口蓋を開く練習をしましょう。」

「ナンコウガイってなんですか?」

「はい、簡単に言えばのどちんこあたりの部分です。
はら、例えばビックマック位の大きいハンバーガーを
かぶりつこうとするとのどちんこ辺りがぐわっと開くでしょ。ここがあがってくると、お腹から出てきた息が声帯を通って声になり、その声がスポーンってのどちんこを通って、響きをつくる鼻腔といわれる風邪を引いたときにグズグズするところに当たって気持ち良い声がでるんです。」

「??????」

「言葉で説明しても分かりづらいので、声の仕組みを頭の片隅に置いておくだけでいいですよ。実践あるのみです。」

魔法のおまじない 魔法の言葉は
「Na-n-ga」

この方法は言葉では本当に説明しづらいんですね。
なので既出なんですが YOUTUBE をご覧になってください。

http://www.youtube.com/watch?v=1eNUibiGiF8

女性への今回の宿題は
「Na-n-ga」でできたgaーーーをそのままつなげて
前回やったロングトーンの練習をしてきてください、です。

さて、発声はこのくらいにして「ふたりの舟歌」のレッスンです。

発表は2コーラスとのことですが、2コーラスざくっと仕上げるのではなく1コーラスをじっくりやることで2コーラす目は応用できますのでそのやり方でいきたいと思います。

まず10日ぶりに聴いた歌声に変化が見られました。
前回フレーズの最後がブチブチ切れていたのがスーと延びてきました。前回低音の声の出し方はレクチャーしていましたので低音の力が抜けて整っていました。

今日はフレーズの最後のところがやはりまだ切れてしまっているのでそこを中心にやりましょうと説明しました。

まず、Ha−−− のロングトーンで1コーラスを歌ってください。(息継ぎのブレスは歌と同じ)

実はこれをやると音程の不確かなところが分かるのです。
なぜなら歌詞の発音の仕方で声の出し方が影響されて音程が不安定になり、さらに喉や口の余計なところで音を整えようとするあまり、うまく歌えなくなってしまうのです。
だからストレートにメロディーラインが歌えたらナイスです。

さらに、今度はペットボトル(HV)をはめたまま発音して歌ってください。といいました。
これをやると歌えないところ(無理をしているところ)がカフカフという声になって歌えないのです。
つまり無理をして歌っている箇所発見マシーンの役割なんです。そこを直せばストーーンときれいに声が出てきます。

あ、また字数に限りが出てきました。この続きはまたその4にて。


posted by LINA at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。