2014年08月11日

声のシュート

先週、8月9日、仕事から帰ってたまたまテレビをつけたら
『アナと雪の女王』の映画でアナの吹き替えと歌をやっている
神田沙也加さんとMay.Jさんが出演してらして
歌と声について興味深い話をしてらしてました。

特に神田沙也加さんの『声のシュート』という言葉。。

つまりここの音程はここに当てて、
ここの音程の高いところはこっちから飛ばして…というように。

それから、May.Jさんの
『高い声を出して当たった時の頭の上がぱかっと開く』

私は観ていて そうそう、コレコレ!って思ってしまいました。

同じ曲を生徒さんが持ってきてレッスンした時に、私がその生徒さんに
言ったことと同じだったからです。

『声のシュート』という言葉は使いませんでしたが、
そうか、そういえば伝わるんだ…と改めて
神田さんから教わりました。

そして、番組ではお二方がこう歌うというプランを
自分なりに譜面に書いていました。
これも私が音多の仕事をしている時のやり方と同じで、
あー、みんなそれぞれ自分の方法を見出して練習しているんだなと思いました。

さて、声のシュートと頭ぱかっ は、どうしたらできるか?
これはまず
喉が開き、軟口蓋が上に上がらないとできません。
つまり、当たるポイントが下がってしまうのです。

喉が開かない人は、ペットボトルを使うなり、
ハローボイスを使うなりすると
簡単に開いてきます。

もしその辺の方法や練習の仕方が気になったら
私の過去のブログページを見てくださいね。

それでは。。。。。
posted by LINA at 13:08| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

英語の発音にも歌にも大切な二重母音

かなり久しぶりに動画をアップしました。
VOl.6で停滞していたんですね。

今回は前回までの母音のつながりで
二重母音を取り上げてみました。

ちょっと難しいのですが、これがつかめると
発音するのが楽しくなります。
コツは喉の奥を広げたまま、お腹から出てくる息で
2つ目の母音を鳴らして前に出すことです。
試してみてください。



それから、ハローボイスを購入してくださった沖縄のMさんから
質問を頂きました。
以下3つの質問にお答えしています。

1、DVD見たが英会話上達のために買った人たちは
どのあたりを重点的に練習したら良いか?

英語の発音に必要なのは、日本語の横系の口の開け方ではなく、
縦系の喉の奥を開いた開け方です。喉の奥を開けると
日本語にはないRやG、Ng、Kの発音が作れるようになります。
どの点を重点に練習すると良いかといいますと、
教本の21ページから26ページまでの軟口蓋を引き上げる方法、
Nan-Ga Nan-Ka Nan-ga を マスターすると
発音にすぐ変化がみられます。

2、唾液はこんなに出てよいものか

声を聞いていないので何ともはっきりとは分かりませんが、
Mさんの現状の声の出し方は、意外と舌に力が入っていて
発音が平たく硬いのかもしれません。
平たく口を開けているかたが、ハローボイスを使って声を出すと
(横開きが縦開きになるため)とたんに唾液の分泌率が良くなり、
だらだらと出てきます。ですが、これは良いことであります。
縦開きの口の開け方がなじんでくるとだんだん気にならなくなります。
鏡をよくみて舌が丸まっていないか、舌根が盛り上がっていないか
をチェックしてください。
意識を自分の口の奥(喉)に向けると唾液は気にならなくなります。
試してみてください。


3、英会話上達ののための効果的なセンテンス?歌のようなものはないか?とのことです。

『英語喉』の著者の上川先生も説いておられるように、
シラブルは母音を中心に3ビート
(音楽用語で考えると三連符)です。
ハローボイスの教本やDVDで試すとしたら、
二重母音と、『かたつむり』の曲で試してみてください。
また、歌ってみたい好きな英語の歌の歌詞を 
Nan-ga で歌ってみると3ビートの感じがつかめると同時に、
リズムの置く位置が分かってくると思います。
また、日本語の曲の歌詞をわざとローマ字で書いて、
それを英語読みで発音し、母音をねばって出すように
歌ってみるのも効果的です。

また分からないことがありましたらお気軽に質問してくださいね。
それでは頑張ってください。







posted by LINA at 21:55| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

カラオケで上手くなりたい(女性72歳)のレッスンレポートその6

前回のボイトレポートにも嬉しさのあまり書きましたが、
カラオケ大会出場のためレッスンしていた72歳の女性がこのたび
「歌唱賞」を受賞したことにより、
自分の教え方に結果が出せて一安心しました。

前回の終わりネタ(その5の後半の文章)

今日はフレーズの最後のところがやはりまだ切れてしまっているので
そこを中心にやりましょうと説明しました。

まず、Ha−−− のロングトーンで1コーラスを歌ってください。
(息継ぎのブレスは歌と同じ)

実はこれをやると音程の不確かなところが分かるのです。
なぜなら歌詞の発音の仕方で声の出し方が影響されて音程が不安定になり、さらに喉や口の余計なところで音を整えようとするあまり、うまく歌えなくなってしまうのです。
だからストレートにメロディーラインが歌えたらナイスです。

さらに、今度はペットボトル(ハローボイス)をはめたまま発音して歌ってください。といいました。
これをやると歌えないところ(無理をしているところ)がカフカフという声になって歌えないのです。
つまり無理をして歌っている箇所発見マシーンの役割なんです。そこを直せばストーーンときれいに声が出てきます。

ここから続き ↓

なぜストーンと出せる声が必要かといいますと、そういう出し方をしないとできないことが多いのです。

できないこと or やっちまったシリーズ
●歌詞の発音を口で作ってしまう
(歌の表情がなくなって一本調子になる)

●フレーズの終わりの声が持続できない
(ブレスが浅く息切れしてしまう)

●こぶしがまわせない、揺らぎや 強弱が作れない

●音程を喉(の筋肉)でとってしまうので音程が不安定になる。


自分にとっての練習期間は、あせらず一つ一つ積み重ねていくようにしていくと良いです。
つまりすべてが枝葉に分かれていてつながっているので
ひとつやれるようになるとあれもこれも出来る様になるのです。
だから基本中の基本をマスターしていくことです。

発声の基本中の基本
演歌であろうと、ポップスであろうと、
クラシックであろうと、オペラであろうと
まっすぐ声をだす。

ここです。

だから喉ブレーキはかけてはいけないのです。

さて、ペットボトルをはめたまま、
「ふたりの舟歌」を歌ってもらいました。
カフカフいっているところは喉に力が入っている証拠ですからカフカフならないように歌ってください。

今度は1コーラス、歌っている途中でペットボトルを抜いてもらいました。

すると、今まで堅く歌えていなかったところがすんなり喉の奥から言葉が出てくるのです。
これには本人が一番驚いていました。

「なんでですか?なんかふんわりと軽くまっすぐな声が出てきて今までと違います〜歌詞が歌いやすいです〜」

そうです、これがお腹から出た息を発音に持っていくコツです。
まさにいまこれを体感したんです。

「なるほど…」

納得してもらえてよかったです。

それではこの練習をして声の出し方を慣れてくださいね。

次回は 1週間後です。
鼻をつまんで高い声の出し方のコツ、
低いフレーズの歌い方のコツ、
発音のコツ  をつかんでみましょうね
posted by LINA at 00:41| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

カラオケで上手くなりたい(女性72歳)のレッスンレポートその4

マンツーマンでレッスンしたカラオケ講座は今週がラストでした。
本来ならば、順を追って書くべきことなのですが、講座が3つ掛け持ちでしたので忘れてしまってはいけないので、一番覚えているラストレッスンから書きます。

「嬉しいことがあったんですよ!、カラオケの先生がね、この間カラオケレッスンのあと私のところに来て
ずいぶん変わったねー。上手くなったよ、これなら賞がとれるんじゃないかって!」

スタジオに入って、カラオケ大会出場のための演歌歌唱レッスンを受けている女性(72歳)が開口一番そういいました。
(良かったー。成果が他人(ひと)にも分かるほどになったんだー)って思いましたよ。

レッスン重ねるたびに良くなっているって私自身が分かっていても、またレッスンを受けている女性が声の変化を感じていても、最終的に他人が認めてくれなければ私にとっては意味がないですからね…。

「良かったですね、それでは今回は最終仕上げで、歌の表情付けとマイクテクニックについてレッスンしましょう。
歌の上手さは歌っている人の表情や、表現にも左右されますし、ある程度の計算があるんです。
その計算が練習によって、すんなり心と身体からバランスよく出てくればいいんです。また、マイクテクニックというのもあって、
マイクを如何に上手く使いこなすかがラストポイントです。」

「?????表現?計算?マイクテクニック?」

「そうです。歌はだた良い声を歌い上げればいいのではないんです。
声が出てくるようになったので思いっきり歌いたいのは分かりますが、歌詞というものがあります。歌詞とメロディで聴いている人に詞の情景や感情、イメージを沸かせてあげなければいけません。
気持ちを込めて歌えれば伝わるというものではないのです。歌詞を表現するんです。」

「歌詞を表現?」

「そうです、歌詞をただ感情を込めて歌うだけでは、自己満足で伝わってはいません。歌にメリハリをきかせるんです。」

そこでいくつかのメリハリのポイントを言いました。

●歌詞は1コーラスの中に起承転結が必ずあるのでそれを把握してブロックわけする
●小があるから大が目立つ、大があるから小が目立つ=強く歌うところと弱く歌うところを連携させる
●近いところ(場所、自分の心情、現在)を歌っているのか遠いところ(景色、過去、他人の心情)を歌っているのかを分ける
●大切な言葉(感情やキーワード)はちょっと溜めて歌う
●「笑って」とか「涙、泣いて」など、感情の歌詞は本当に微笑みながら、また涙をぬぐう気持ちを意識して歌う
●リズムに乗るところはアクセントをつけて。シンコペーションがかかるところは母音を意識して。
●歌詞頭のフレーズは口を準備して待つくらいがちょうど良い。歌詞の語尾は母音をしっかり歌うのがコツ。

などなど、を歌詞を読みながら、実践で歌いながら、レッスンしました。

もうこのときは結構女性の声も自由に使えるようになっていましたので、また4回目あたりにクレッシェンド、デクレッシェンドの使い方もレッスンしてあったので存分に思うままやっってもらいました。

するとどうでしょう。歌に色が出てきたのです。また同じ色でもフレーズにグラデーションがかかってきたのです。

「今のところはまだ自分の中で必死に計算しているかもしれませんが、これを歌い込んで消化し、詞を浮かべるのと同時に表現したい声が出ることで、お味噌のように熟成した自分の歌になるのです。」

その女性の歌詞カードは、私の言ったことや今まで言った歌い方のコツなどの書き込みがすごくて、歌詞が書き込みの中に埋もれています。
でもそれを見ながら歌うといつまでも書き込みに頼ってしまうので、今度は歌詞を見ないで歌に集中して歌ってもらいました。

なるほどなるほど、その女性が歌う2番の歌詞で
「泣けてくる 酔えばしんみり ふたりの舟歌よ」
というところがあるのですが、私が聴いていてもとてもしみじみとした趣を感じます。

そこで私も一言。
「私だって自分のオリジナル曲を何百回と歌ってきていますが、毎回、感じ方が違うんですよ。
時には歌っている途中で歌の解釈での新しい発見もありますし、それよりも上手く歌えたなーなんて思うことは今まででも本当に数回です。
プロ歌手だってそうなんですから、完璧を求めず、たとえ上手くいかなかったとしても引きずらず、毎回楽しんで歌ってください。」

という言葉を送りました。

さて、今度はマイクテクニックについてです。


字数に限りがありますのでまた続きその5で…。
posted by LINA at 16:29| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラオケで上手くなりたい(女性72歳)のレッスンレポートその1

昨年のことですが、カラオケで上手になりたいと希望する72歳の女性のレッスンをしました。
もし同じように思ってらっしゃる方がいたら何か参考になればと思い本人の許可を得て、このブログに掲載しますので参考にしてみてください。
その1からシリーズでその8位まであります。

2月の中旬頃、オフィスに電話がありました。
電話の向こうは72歳のカラオケが趣味で、演歌が好きな女性。相談内容を要約すると
「1年に1回のカラオケ教室の発表会が4月にあるのだが、今年こそは上位になりたい。
今年で8年目の出場になるのだが毎回いつも評価されない。出場するのをやめようと思ったが、一度ちゃんとレッスンを受けてから自分の力をもう一度を試してみたい」
とのことでした。
大会は4月の中旬。大会で上位を狙う。…あらら、責任重大です。

女性に聞くと、カラオケ教室では団体レッスンと数回ソロで歌うレッスン。でも趣味のカラオケクラブでほぼ毎日カラオケボックスに行って練習はするそうです。
またボイストレーニングはしたことがないということでした。
そこで、大会までの約6回をマンツーマンでレッスンすることになりました。

さてレッスン初日。

まずは大会で歌う曲を聞かせていただきました。
曲は天童よしみさんの「ふたりの舟歌」

その女性の声を聴いてまず思ったこと。
●自分の本当の声を使っていない。
●身体を使って歌っていない。
●上半身、喉、あごに力が入っている
●口の開き方が横なので舌と唇に力が入っている
●ブレスが浅い。(歌のフレーズ終わりのブレスを間違えている)
●こぶしをわざと(喉で)作っている
などです。

さてさてこの曲は難しい曲です。
なぜならウラから入ってくるフレーズなのでリズムに乗れないとモタったり走ったりします。

もちろん歌そのもののレッスンは必要ですが、まずは
「声をしっかり出すことから始めましょうね」
と言ってレッスンカリキュラムを説明しました。

最初の3回までは発声に3分の2、歌は3分の1の時間を使います。そのうち声がでてくると歌の色々なところが楽に歌えてくるので歌のレッスンの比重を多くしていきましょうというように説明しました。

そうです、もちろん歌は大事なのですが、その方の土台、
つまり声の出し方を矯正していけば、今まで形だけを
追っていた歌が、ホンモノになっていくのです。

つまり、上記の「使っていない」を「使える」ようにし、
「開発されていない」ところを「開発」していけばよいのです。

字数に限りがあるので、続きはその2へ…




posted by LINA at 12:51| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

「声のお悩み相談室」開催!

かねてから、潟}ガジンランド社の「歌の手帖」に
「里奈の声のお悩み相談室」というコーナーを連載していますが、
その「歌の手帖」の1年に1回の歌の祭典 「Kリーグ」が
4月22日(日)にヤクルトホールで行われます。

私も、その歌の祭典に参加させていただく意味合いをこめまして
その日に、紙面を飛び出して、出張お悩み相談室を会場のロビーで行います。
ロビーにてハローボイスのブースがありますので、
そこで1ポイントボイストレーニングを行っています。
もちろん無料ですし、ちょっとしたおみやげつきです。
お悩みがありましたらお声かけくださいね。

onayamitaremaku.jpg

そしてそして、その日まで、明日19日から23日までの5日間、
まさにキャンペーンの一環としてとして、声のお悩み相談、
ワークショップを行います。
詳細はこちら 

【「無料電話相談室」「“生”相談室」について】
遠方につき、東京までなかなか来られないという方のために、
1日限りの「ワンデー・声のお悩み無料電話相談室」を開設します。
また、現在月刊誌「歌の手帖」にて菅原が連載中のコラム
「里奈の声のお悩み相談室」が誌面を飛び出し、初めての“生”相談会を開催します。

プロになりたい方、カラオケ大会で入賞したい方、もっとうまくなりたい方を中心に、
菅原による正しい発声法や上級者向けの指導及びプロとしての心得、
綺麗に見えるステージングや選曲指導の他、「ハローボイス」の使い方指導などの
個人相談もお受けいたします。

■「ワンデー・声のお悩み無料電話相談室」
日時:2012年4月19日(木) 13時〜17時
TEL :03-6677-0572
※限定10名様まで。お電話にて「電話相談室を受けたい」旨お伝え下さい。
菅原にお繋ぎいたします。
※なるべく多くの方の相談をお受けしたいので、ご相談は20分以内にして
いただきますようご了解下さい。

■『元気になる!健康うたごえ倶楽部 東京・北区クラス』
健康に役立つ発声法やうたをうたう楽しさ、喜びを、多くの方々に知っていただく目的で
「元気になる!健康うたごえ倶楽部」を開催いたします。
当日は声と喉に良いストレッチをしたり、みんなで歌をうたったりします。
日時 :2012年4月20日(金) 14時〜16時
会場 :赤羽北ふれあい館2F ホールB
    赤羽北2-25-8 アクトピア北赤羽六番館(埼京線北赤羽駅下車徒歩1分)
    TEL 03-5963-6363
参加費:1,000円
参加費 : 1,000円(ソフトドリンク、お菓子つき)
      ※「ハローボイス」ご持参の方は500円引き。

■「里奈の声のお悩み“生”相談室」
日時  : 2012年4月21日(土) 18時〜20時
会場  : セシオン杉並 大音楽室(丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分 他)
アクセス: http://www.yoyaku.city.suginami.tokyo.jp/HTML/0030.htm
講師  : 菅原 里奈(講師、歌)、ララリーヌ(ピアノ演奏)
参加費 : 1,000円
      ※「ハローボイス」ご持参の方は参加費500円引き。

■『元気になる!健康うたごえ倶楽部 さいたま・浦和クラス』
日時 :2012年4月23日(月)、5月21日(月) 14時〜16時
会場 :喫茶・蔵王(JR各線浦和駅下車県庁前)
    さいたま市浦和区高砂3丁目10-4
    TEL 048-862-4503
参加費:600円(別途飲食代要)

【参加申込み・お問い合わせ先】
全講座、イベントの参加申し込み及びお問い合わせは、
お電話かFAX、E-MAILにてお願いいたします。
TEL  : 03-6677-0572
FAX  : 03-6850-6916
E-MAIL: info@animatojp.com
※ご氏名、ご連絡先、人数をお知らせ下さい。

【全講座、イベントに必要なもの】
・500ml円柱ペットボトル(空)
・少し大きめの手鏡
・「ハローボイス」をお持ちの方は本体をご持参下さい。
・当日『ハローボイス』ご購入を希望される方には500円割引券がつきます。

ハローボイスキャンペーンののぼり
HVnobori.jpg



posted by LINA at 12:37| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

昨日は『元気になるいきいき健康ボイストレーニング』初回でした。


あ、タイトル長い…。

昨日は、北区主催のシニア元気塾の講師に行って来ました。
抽選で選ばれた20名の50代から80代の方が対象です。
この講座は1講座2時間、4回で完結!ボイトレのダイジェスト版のような感じです。

区のいきがい課の方がおっしゃるにはこの「シニア元気塾」のシリーズは
今春で4年目なのだそうですが、今までの中で最高の応募総数を記録したそうです。

すごい!最高だって…。
それだけ皆さんの中に健康と声を出すことに興味があるということの表れなのですね。

皆さん初参加ということもあって最初は緊張されていました。
ところが終わる頃にはもうホント笑顔で充実感満載で帰られていきました。

昨日のメニューです。
1.自己紹介
2.座学 (健康と正しい呼吸法、発声のしくみと関係)
3.声と喉に良いストレッチ、体操
4.無声音でブレス練習

〜休憩(この間、ペットボトルで発声補助器具作り)〜

4.発声してみましょう!
5.ペットボトル発声補助器具の使用前と使用後の違い

上記だけみれば なんのこっちゃ って感じですけど
そこは分かりやすく説明しました。

「ペットボトル発声補助器具」…本当はハローボイスを使うと
もっと口にフィットして声の変化が分かりやすいのですが、
そこはサイズは違っても、ペットボトルでもきっかけとしては十分に
効果はあるので使い方を説明して発声してもらいました。

この方法を使ってボイトレしてからもう5年くらいになりますが
これが効果がすぐ分かり、しかも実用的です。
ボイトレで、色々な方がお箸を使ったり、ピンポン玉を使ったりと
日用品を使った練習方法が多数ありますが、この方法が一番分かりやすいです。
このやり方でボイトレを教えているのは今のところ私だけで、
さすがに皆さん、このペットボトルの使い方は驚かれていました。
(この方法は上川一秋先生の「英語喉」からきています)

本当にあっという間の2時間。
いきがい課の方たちにも一緒に声を出してもらい
とても楽しかったと好評価でした。
「お疲れ様でした」の挨拶の後、皆さんの声が大きくなって
すごい笑顔で帰っていたのが印象的でした。
本当に皆さんが元気になっていくのをみるのは嬉しいことだと、
私にとっても充実した時間でした。


それでは今日の1ポイント健康ボイトレの豆知識!

毎年お正月にテレビを観ていると、高齢者がお餅を喉に詰まらせてしまい
病院に搬送されたというニュースが流れてきます。
いえいえ人事ではなく、高齢者だけかと思ったら、
年々年齢層は広がっているそうで・・

原因は、噛む力、呑み込む力が弱まっているからなのです。。
で、これを解決するには、普段からしっかり噛んで食べることと、
「喉を開いて大きな声でしゃべる」のがよいのです。

これ、テレビで咽喉科の専門の先生もおっしゃっていました。
「喉を開いて声を出す」
つまり、歌と同じで喉を開いてしゃべる、口を開ける、
ということが大事なんですね。

日本人の発声は、英語と違ってどうしても口発音になってしまいます。
つまり喉を開かなくても発音できるので、自然とその発声方法で
歌を歌ってしまいます。口発音は、舌根が上がってしまい、
喉の奥が狭くなってしまうのです。ということは、
歌のブレス方法である腹式呼吸ができにくいのです。
それでもなお日本語をしゃべるのには支障がないから、
ついそういう呼吸、発声方法になってしまいます。
そうなると飲み込む力も弱くなってしまうのです。

人間の本能である食べ物を飲み込む動作は
舌根が下がる(喉が開く)のです。
喉を開く=つまりあくびやうがいをしている時と同じ状態で
声を出すのです。

結論!
正しい発声法は健康へ導いてくれます。


posted by LINA at 09:56| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

久しぶりに更新しました!動画アップです〜!

相変わらず暑いですねーーー。

この夏は、あちらこちらにハローボイスのプレゼンで動き回っていました。

おかげさまで色々なところでハローボイスの効果をお見せする機会も増え、
自分の本当の声で歌う、しゃべる、発音する の気持ちよさを体感していただいています。

さて、久しぶりに動画をアップしました。
映像の素材はたくさん控えているのですが、それを編集してアップする時間が
なかなか取れなくて、更新がつい延び延びになってしまいます。ゴメンナサイ!

深く反省し、なるべく早めに更新を心がけます。




英語の歌を唄ってみましょう(ハローボイスで変わる)その2

今回はシリーズ第2弾、Nobukoさん(主婦の)にハローボイスを試していただきました。
普段、ジャズのスタンダードが好きで歌っています。ボイストレーニングはしたことがないと
言うことでしたので、編集、カットなしで、8分間スルーで録画しています。
どのように英語の発音が変わるかご覧下さい。
英語の発音はちょっとしたきっかけで変わります。子音の発音方法は練習するにしても
声の出し方を掴むだけでその違いを体感します。
その感覚を実感していただけたら嬉しく思います。


それから、英語喉 つながりで、MASAさんのブログをご紹介いたします。

MASAさん、関西方面でアパレル関係のお仕事をされていますが、
英語喉を始めて数ヶ月で開眼!
今では、英語喉の著者であられる上川一秋先生の
『国産ネイティブ』の称号を授与され、積極的にネットラジオ番組を
配信されています。 すごい!
もちろんハローボイスにも興味を持っていただき、
体感もしていただいています。

是非遊びに訪れてみてください。

http://nodo-journey.blog.so-net.ne.jp/

あと、急な展開でぎりぎりになってしまいましたが告知!、
歌声喫茶の詳細です。

元気にいきいきと 健康 ボイストレーニング
第一回目/2011年8月31日(水)
喫茶・蔵王/さいたま市浦和区高砂3丁目10-4
TEL 048-862-4503
講師:菅原里奈(ボイストレーナー)
   ララリーヌ(アコーディオン)
時間:14時から
料金:600円(飲食代別)

「声を出すこと」は心身の健康のためにとても大切なことです。
また自分の本当の声を見つけてコミュニケーションの方法や環境が変わっていけば、
人生もますます楽しいものへと大きく変化していくことでしょう!
この講座では健康維持のため、そして気持ちよく歌をうたうために、
ボイストレーニングもしていきます。
もちろんボイストレーニングの他に、その日の課題曲を決めて、
上手く歌えるコツなどを含めた、ワンポイントアドバイスも加え、
みんなで歌唱します。
午後のひととき、お茶を飲みながらみなさんで楽しい時間を過ごしていきましょう。


posted by LINA at 23:55| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

突然ですが英語の歌を唄ってみましょうのコーナーその1

いや〜暑いアツイ!



皆さんはどのように熱中症対策をしていますが?


私はといえば、今マイブームになっているのは
霧吹きとミニファンです。



あちぃ〜と感じたときは霧吹きで、顔、手足に吹き付け、ミニファンで
風を当てます。
するそ即効涼しくなるのです。是非一度お試しあれ!


さて、久々に動画をアップしました。タイトルは唐突なんですが、英語のぃ歌を唄ってみよう!
今回は、初めて英語の歌をうたうという女性に英語の歌を唄ってもらい
ハローボイスを試していただきました。


あらあら…、いつものエクササイズの動画もやっとVol.6まできて
まだ子音とか、二重母音のエクササイズがまだ控えているというのに…。


でもご心配なく!ちゃんと並行してその辺もアップしていきます。
英語の発音も歌も、基本的な発声方法は同じなんです。
それに音程やメロディライン、フレージングが加われば歌に!
子音の発音ポジションとか、3連のリズムとかが加わっていけば誰でもネイティブ発音に!
というように変わります。


その辺も平行してアップしていきますのでお楽しみください。

英語の発音がハローボイスで変わる その1



コメント:
英語の発音も歌と同じで喉の奥が開いてくることで変わってきます。
日本語の発音は発音のポジションが浅く、平たいイメージがありますが、
英語の発音のイメージは深くて響いている感じがします。
実は英語の発音の源は喉の奥(軟口蓋の下辺り=声帯に近いところ)にあります。
喉を開いて母音が前に出てくる...つまり歌の発声と同じなのです。
今回、初めて英語の歌を唄うという女性にハローボイスを試していただきました。

posted by LINA at 15:06| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

ハローボイスワークショップのお知らせ

みなさんこんにちは。菅原里奈です。



 2010年6月15日に合同会社アニマートを起業して早や一年。
起業後は未知との遭遇の日々、わからないことばかりで、
無我夢中の一年でしたが、昨年末には私の考案、開発した発声補助器具
「ハローボイス」とボイトレ本とDVD「ミラクルボイスメイキング」を、
自社オリジナルにて販売をすることが出来ました。

おかげさまでプレスリリースや口コミなどの効果もあり、
毎日インターネットなどで全国からも注文が入ってきております。
これもひとえに皆様のおかげ。
日ごろから支えて下さっている皆様には大変感謝をしています。

そそこでハローボイスの発売を記念してのワークショップを、 開催いたします。




********************

「ハローボイス」ワークショップ&アニマート1周年ライブパーティ

日時:2011年6月25日

場所:「stage PF」
〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-14-12 uniビル地下1階(一階は冨士そばです)
電話:03-5486-1483 http://www.stagepf.com/
時間:ワークショップ/16:30 OPEN 17:00 START
     パーティ18:00〜 
料金:ハローボイス持参/2,500円
    ハローボイス未購入の方/3,000円(ハローボイス購入時に使える500円割引券付) 
軽食とお飲み物つき
主催:animato LLC
   東京都渋谷区神宮前4-1-24 オフィスイワタ第一2階C TEL03-6677-0572
   http://www.animatojp.com/



お申し込みは、前日までに連絡ください。

http://form1.fc2.com/form/?id=573412

またはメールでもOKです。

info@animatojp.com


********************

場所は東急田園都市線 三軒茶屋駅より徒歩1分の「stage PF」にて。
時間は17時よりハローボイス発売記念ワークショップを。
その後18時よりパーティー&ライブを開催します。軽食・飲み物付、
「あなたの本当の声が見つかる」おみやげ付です。

そしてパーティでは、ライブやアトラクションもあり、さらに

パーティ後はセッション&演奏タイムもありますのでミュージシャンの方々も大歓迎です。


本当はワークショップは3月19日に開催を予定していたのですが

3月11日の震災により一度延期になりました。、
ですが、皆様のご要望もあり、こうしてようやくワークショップを

再開できるようになりました幸せを心から嬉しく思っています。


皆様のお越しを心よりお待ちしています。


HV625チラシ.jpg








posted by LINA at 14:56| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

「英語喉」の上川先生のブログにて「ハローボイス」のレビューが載ってます!

みなさん、こんにちは!自分の本物の声を出していますか?

声は毎日喉を開くことを意識して出していないと戻ります。
先日、映画「英国王のスピーチ」を観てきて、たくさん思うことがありました。
この辺についてはまた改めて書くといたしまして。。。


さて、このブログでも「英語喉」についてご紹介していますが、
「英語喉」  http://eigonodo.com/  とは
著者である上川一秋先生の発見と開発によるネイティブ発音への道、
メソッドが書かれた本なのです。

eigonodo.gif

著書については下記のHPをご覧ください。
http://www.nippondream.com/


そして、このサイトの中の「ネイティブメソッドの歴史」

http://www.nippondream.com/method.htm

を読めばわかりますが、ネイティブ発音のメソッドは、まさに歌の発声と同じ仕組みなのです。


ありそうでなかった画期的な発声補助「ハローボイス」と、それを使ってのメソッドである
「ミラクル・ボイス・メイキング」は上川先生とのご縁もあり、考案・開発することができました。

そして、そして!なんと嬉しいことに、上川先生が、DVDをご覧になった感想を含め
レビューを書いてくださいました!


「菅原里奈先生のハローボイスレビュー<総まとめ> 特に感動した点は2つ」
http://estat.us/wordpress/?p=1179

↑ 上記のブログに色々書いていただいていますが、ちょっと転載しますね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私が、最も感動したのは、このDVDの最後の「英語歌詞について」のところです。
きらきら星の英語版を、生徒さんが挑戦されるのですが、最初は、こてこての日本語発音です。
ところが、ハローボイスを着用して練習して、それをはずしたとき、英語らしいパワフルな発声で
そのかたが歌い始められたのです(1時間6分めぐらいです)。
生徒さんも、びっくりされていました。
私もすごくびっくりしたことがあります。そのびっくり度は、こないだ、耳の不自由な女の子が、
聞こえていないと思うのに、正しい発音で発声しはじめたときの、びっくり度に似ています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


上川先生は、ネイティブが3ビートで発音している事も重要なポイントであると
言っておられます。

これは歌のリズムやビートと同じなのですね。

極論で言えば、喉が開くと、おのずと平たい日本語の発音は深い3ビートに
変わるのかも知れません。

英語部分のDVD未公開映像も機会があったら画像でアップしようと思いますが、
皆さんも是非、英語喉を試してみてください。

posted by LINA at 10:02| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

声は出している人にはかなわない?

ボイトレをしていますと、
いろんな方がいろんな目的でいらっしゃいます。

現在、健康を目的にしたボイストレーニング講座も開いているのですが、
初日に「この講座へ来たきっかけは?目的は?」 とリサーチしましたら、

◎ 声を出す機会がないので、ストレス解消したい。
◎ 歌が上手くなりたい。
◎ 麺ものを啜ると咳がでてしまうので。
◎ 美容のため。


と、さまざまでした。
そうですね、どれも当てはまりますね。

受講されている方の中には、パーキンソン病のかたもおられていて、
そのかたは、「口と顔の筋肉の訓練と、大きな声を出すことが
療養のひとつなので」
とおっしゃっておりました。

パーキンソン病
http://health.yahoo.co.jp/katei/detail/?sc=ST020230&dn=2&t=key

ここでいうボイトとレは、腹式呼吸と、喉の開放、そして顔の筋肉や声を出すための
筋肉の緊張と緩和です。

そして4月から開講して1ヶ月経ち、「その後変化はありましたか」と聞いてみました。
すると、麺が喉につまってしまう方は咳き込まなくなったと言い、
声が小さかった方は本当に大きな声が出て、
正直、最初お会いしたときに暗い顔をしていた方は頬骨が上がり、明るい顔に
なってきました。

声は出した人モン勝ちです。
これから自分が変わり、どんどん楽しくなってきますので続けて声を出す努力を
してくださいね。

前回のブログの聾唖者のリハビリではないですが、声を出す(歌う、しゃべる)
ことがあらゆる
両方に結びついているのだとあらためて感じました。

さて、久しぶりに動画をアップしました。

Vol.5の母音の続きです。このVol.6では 現在販売しているDVDの未公開映像も
入っていますので
是非ご覧ください。

posted by LINA at 15:26| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

今こそ大きな声を出して元気にならなきゃ…ね。

3月11日に発生しました東日本大震災によって犠牲となった方々には
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
また、震災により現在、行方不明の方々が一刻も早く無事が確認出来ることを
心より願っております。
そして震災により負傷された方々、避難されている方々に、お見舞いを申し上げ、
一日も早い復旧・復興をお祈りいたします。

被災地におきましては、自衛隊をはじめ、警察や消防、そして世界各国から駆けつけた
救援チームの隊員の皆様、日夜を問わず被災者救助や災害対策に全力を尽くして
いらっしゃる関係者皆様に感謝申し上げます。

震災から10日以上を過ぎて、なおも余震が続き不安な日々です。日にちが経つほどに
犠牲者の数は増え、被害の状況が判明するにつれ本当に心が痛みます。
この間、義援金や募金などの活動はしても「何か手助けをしてあげたい。」という気持ちは
空回りし、何も出来ない自分に苛立ちを感じていました。そんな思いが深くなるほど、
引きこもり状態になってしまい、声を出さない日が続いておりました。

東京の街も、灯りも経済も消沈して、元気がなくなっているのがよく分かります。
このままじゃいけない、将来の為にも、今自分に出来る最低限の事はやらなければと
考えていました。

考えてみたら、この12日間、大きな声を出していません。
11日の震災の日は地下鉄に乗っていて、急ブレーキとともにストップした車内は
今思い出しても恐怖がよみがえるほど大きく揺れ、閉じ込められました。
(今思うと停電しなかった事に感謝)
そのときは怖さのあまり誰も声を出せない状態で、あとは無言で必死に歩いて
家に帰るだけでした。

それからも、毎日テレビから流れる映像に涙し、3月19日に予定していたイベント、
「ハローボイス発売記念パーティ&ワークショップ」も自粛・延期し、
次第にしゃべり言葉も小さくなっていました。

そんな時、1本の電話が私の気持ちを変えてくれました。

アニマートの経営パートナーであるララリーヌさんから電話があり、
「以前「『ハローボイス』を購入してくださった主婦の方が、声が変わって
よくなることは実感ができてよいのだがこれを継続させるためのノウハウを
レッスンしてほしいと連絡が来たのだがどうしますか?」

私は正直、とても迷いました。「今ハローボイスどころではない」
でもその方にとっては本当の自分の声を見つけて、それをきっかけに
元気になろうとしている。
こんなにも今意気消沈してしまっている状況は、どんなきっかけでも良いから
元気にならなきゃいけない。
そう思ったのです。

また、テレビで、「卒業式のとき、震災の日からはじめて皆で大きな声を出して歌った。
本当に嬉しいと思った。ピアノも伴奏もなかったけど歌えてよかった!」
という子どもたちの感想に喜びのエネルギーをもらいました。

そうだ、声を出そう、今こそ腹から大きな声をださなきゃいけないんじゃないか?
そう思いました。

確かに、ミュージシャンが歌うエールソングを聴くのも良いことだけど、皆が持っている
自分の声を出せばそれ以上に心が動いて少しでも明るく軽くなると思います。

そう思って、今日からまた少しずつこのブログを始めることにしました。

少しでも、皆さん、声を出してください。元気になってください。私も声をだして元気になります。
言葉では上手く言えないので、ちょうど3月11日にアップしようと思った「ハローボイスを使った
ボイトレ『ミラクル・ボイス・メイキング』Vol.5」を掲載いたします。



母音について

歌の場合、母音の発声方法はとても大事です。
動画でもコメントしていますが、母音がしっかり喉の奥から力を抜いて流れないと
他の子音までも影響します。

極端な言い方をすれば、母音だけでリズムが取れるのです。

それには喉を開いて、母音の流れをスムーズにして、響きを統一させてください。
口の形にとらわれないことです。口の形ではなく、響きで母音は発音できるのです。
そこをつかんでください。
posted by LINA at 13:28| Comment(2) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

ハローボイスを購入した後の練習の進め方は?

ハローボイスを購入した方からメッセージを頂きました。

その方へのアドバイスを書きながら、あ、もしかして
同じ悩みを持っている方もおられるかもしれないと思い、
このブログにてもその方へ送ったコメントを
掲載しておきます。

メッセージは、喉の広がりがまだ浅いということの解決法、
ピアノなど音程を取るものがないのでどうしたらよいか、
DVDの活用法などについてでした。

それでは、以下私のコメントです。

まずは、焦らず進めることです。
歌練習と同じで喉のリラックスも、声帯のまわりの筋肉のコントロールなので、
1日に5分は自分の声と向き合うようにすれば良いと思います。
私は声優のボイトレもしていますが、確かにイントネーションなどで音の高低もあり、
音程があったほうが喉のリラックス状態を確認できます。
もしPCをやられる方でしたら、このブログの右上から2段目に
練習用のカラオケがDLできますので、それを使ってください。

一番良いのはDVDを1回目は観てみる→2回目は一緒に声を出してみる→
3回目は音声をOFFにして自分の声をアカペラでやってみる。
1日1コーナー3分×3回で10分のトレーニングです。
コレによってますます自分の声に深みが出てきます。
なぜ1回目は観るかというと動画でモニターさんの喉の状態がよく分かるからです。
そして自分でやるときは鏡で必ず自分の喉の奥を見ながらやってください。喉の広がる
イメージを目で確かめて身体で覚えます。

あと、別なトレーニングですが、
上を向いてうがいをしながら声を出してみてください。そしてその後、空うがい
(水無しで上を向いてうがい)をしてください。喉の奥がこそばゆく感じるところが
広がってくるカンジがよりつかめると思います。


また、質問などありましたらお寄せくださいね!
ありがとうございました!

URL http://animatojp.com/hellovoice/
posted by LINA at 10:12| Comment(1) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

自分の声を知ると言うことは喉をケアする方法を知ることなのね

東京に雪が降った日、どうしても外出しなければならなくて
それが原因だったのか、風邪をひいてしまいました。

この仕事、本当に風邪は大敵。とにかくまず風邪をひかないことが必須です。
ところがひいてしまった・・。

でもここ2年くらい、声が出なくなるような風邪はひかずに過ごしてきました。

以前は風邪ぎみになるとしょっちゅう喉を痛めて耳鼻咽喉科に通ってました。
かかりつけの先生は私の仕事内容も知っているから即座に治療をしてくださる。
でも、ある日先生に、喉をケアすることがまず第一だからね、ひどくなる前に
予防しなさい。と言われ、

●寝るときは鼻呼吸で。
●濡れマスクで寝るか、加湿器を部屋に置く。
●起きたらすぐうがい。
●喉は冷やさない、温める。

などたくさんアドバイスを頂き(これらについては以前ブログにて公表)実行してきました。

本当におかげさまで風邪をひかなくなりました。
また、ひいたとしても声が出なくなるほどまでは行かなくなりました。

そんなわけで歌の仕事もあるし、ちょっとヤバイ気がしたので久しぶりに病院へ!

先生 「あら〜久しぶりね〜、どうしてたの〜?」
私  「先生に教えていただいたケア方法で、おかげさまで風邪をひかなくなり病院へ足を運ばずに過ごしてました」
先生 「声が出なかったら仕事にならないものねーー、で今日は?」
私  「はい、風邪がもとで声がこんなにガラガラになってしまい、明日歌わなければならないから来ました。」

どれどれ〜  と診ていただいたのですが、

先生 「」あら、赤くなってないわよ〜。いつもなら凄く真っ赤なのに・・」
私  「・・・?本当ですか?」

そう、言われてみれば、声はハスキーになってはいるのですが、
以前とはちょっと違って声は出るし、痛くはないし、苦しくはないのです。

これって、やはりハローボイスで正しい発声法をしているからなのかも…と思いました。

それで、先生にハローボイスのことをお話しましたら、
「へ〜え、理にかなってる!」と感心してくださり、ハローボイスを見せたところ
凄い!、これは本当に面白い!すごいじゃない?
と言ってチラシを病院の受付に置いてくださいました。

何でも患者さんで2人ほど、コーラスのサークルに入っている患者さんがいて
ななか上手くならないので、紹介してみたいとのこと・・・
思わず、「あ、今日はセールスに来たわけじゃないのにありがとうございます。」
と言ってしまいました。

先生はとても興味深そうに私が吸入器を当てている間、私の執筆したボイトレ本を読んでいました。(感謝!)

つまり、何がいいたいかというと、自分の声を知ると言うことは喉をケアする方法を知るなのです。
そして正しい発声の方法で喉に負担をかけないしゃべり方が大事なのだと思います。

今日は声優さんのボイトレ日だったのですが、
男の声優さんと同じような話題がでました。

もちろん声がヤバくて仕事にならないんじゃないかと思う日がたびたびあったりしたのだけど、
喉のケアと、やばいときにはこうやって声を出すんだというノウハウをボイトレで習得したので
その効果で乗り越えられた。そしてそれを知ることは自分の声の使い方の自信に繋がるのだ
ということが分かってなお嬉しい・・と言う話でまとまりました。

私も病院へ行った次の日、ステージがあり歌わなければならなかったのですが、
MCはハスキーでしたが、歌の方は問題なく、主催者に分からないほどしっかり
歌うことができました。

ハイ、声のケアと正しい声の出し方は、とても大切です。

さて、今回の動画は、舌のリラックスエクササイズです。

喉が開いてきても、あごの開き方や、舌の使い方に力が入っていると
発声も発音も口の浅いポジションでの発声になってしまいます。
そこでそのリラックスさせて声を出す方法を載せましたので、参考にしてください。


舌の力を抜くエクササイズ、ハローボイスで楽に歌いましょう!
NG編のおまけ?つきです。

posted by LINA at 03:37| Comment(2) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

腹式が先か、喉を開くのが先か?

いま、さんざん記事を書いて投稿しようとしたらエラーになって、

全部消えてしまいました。



かなりショック!!!!!!



もう今更同じ時間をかけて書く気になれないので、

とりあえず要点だけ・・・



なかなか掴みづらい腹式呼吸方法と、喉を開いて発声する方法・・

習得するのに

腹式が先か、喉を開くのが先か?



答え



どちらも同時に練習することができます。



以下の方法です。



1、ハローボイスを口に装着します。



2、足を軽く広げます。



3、お尻の穴をキュッと閉めます。



4、いつものように発声練習します。



です。



すると同時に両方できています。



そして



5、発声している途中でハローボイスを抜いてみてください。



これでいつの間にか両方習得しています。



それからYOUTUBEに新しい動画を載せました。



こちらもご覧くださいね!



posted by LINA at 01:21| Comment(1) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

声に良いこと悪いこと『喉のケア』

ここのところ、東京の朝と夜は風が冷たくて、本当に体が縮こまってしまいます。

地下鉄に乗ってもマスクをしている人も多く、この時期は風邪をひかないように

注意をしましょうね。



さて、ハローボイスの販売にちなんで、ボイトレ本も発売しました。

「Lina'sメソッド/ミラクルボイスエクササイズ」

ずっと前から出したかったんです。


ハローボイスが先か、ボイトレ本が先かという感じでしたから

同時に発売になったというのは偶然でなく必然だったのかなと思いました。



その本には声に関すること、トレーニング方法がかかれてあります。

今、楽器屋さんにはたくさんのボイトレ本が出回っていますが、

このメソッドはちょっと違うのです。



ほら、私って欲張りで、一番好きな言葉は



「お得感満載」



スーパーのチラシみたいですけど、ボイトレだって声の変化に自分が一番感じれて

「あ〜、歌っていて良かった〜」て思えなきゃやっている意味がないですよ。

だから、良くボイトレ本に書かれている基礎的なこと、理論は極力避けました。



それよりも一発で腹式がつかめた!

あれっ?って思ったときにハイトーンが出てた!

げげっ!っこんなに今さっきと違う!気持ちいい〜!



ということを感じて欲しくて、このやり方ならこうなる!的なことを多く書きました。



でもそうは言ってもページ数に限りがあり、書いた原稿のほとんどが字数的に無理だと

削られ、書き足りないこともありました。



そこで今回はその本に書ききれず、カットされた部分も含めて

コラムのところを抜粋して掲載します。



今回は『喉に良いこと悪いこと」』  です!



まず、喉は数時間でもこわれますが、痛めた喉を回復するには

10倍の時間を要すると考えていてください。


そのためにも喉や声をいたわる気持ちが大切です。

そこで喉、声のケアやトラブル対処法を教えます!


【喉への注意事項】


■風邪を引かないように気をつけましょう。(首と言われている首・手首・足首などを冷やさない=温める)

■空気の乾燥は禁物です。。喉の粘膜が乾かせないように水分の補給、部屋の加湿を心がけましょう。

■喉を冷やさないようにしましょう。夏場でも首にタオルを巻いてねるプロ歌手も多いのです。


■お酒を飲んで歌わない、タバコの煙が充満する部屋では歌わない、睡眠不足は禁物、疲れているときは大声を控えましょう。


■満腹で歌わない。満腹だと横隔膜がコントロールできなくなります。食事後2時間は空けて歌いたいものです。




【喉によいこと】


●手洗い、うがいの心がけ。とくに朝起きての手洗い、うがいは効果的です。


●しょうが、蜂蜜、大根、ビタミン、響声破笛丸(漢方)、京都 念慈菴 蜜煉川貝枇杷膏(香港の喉用シロップ)など喉によいものを摂取しましょう。


●歌うなら、朝起きて3時間以上経過してからがベスト。


●寝ているときは口呼吸ではなくて鼻呼吸を心がけましょう。喉の乾燥、雑菌の進入を防ぎます。


●立体マスク着用は喉のケアに必要不可欠です。





京都 念慈菴 蜜煉川貝枇杷膏(香港の喉用シロップ)とはコレです↓

2009010969727897.jpg

30年前に香港に旅行に行った友人が、香港では歌手がみんなこのシロップを飲んでるんだよって言ってお土産に頂いて以来、入手するのは難しいのですが、このシロップを愛飲しています。



噂では、TBS(東京放送) R30(アールサンジュウ)という番組の、「私のお取り寄せ」というコーナーで、香港の歌手はみんな使っている「のど薬」ということで歌手の方が紹介したとか・・。

残念にも私はそれを観ることができませんでした。がっくり・・・



皆さんはどのように喉をケアしていますか?


上記の例はまだホンの一部です。皆さんもご自分にあった喉のケアを探してみてくださいね。


posted by LINA at 01:18| Comment(4) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

喉がひらいてきたら、軟口蓋は上手になる早道

今日は、新年になり、第1回目の歌クラスのレッスンでした。

12月から考えれば、年末年始があったので、実に1ヶ月ぶりのレッスンです。

久しぶりに声を出すからなのか、教室はとても明るく活気にあふれていました。


さて、「ハローボイス」を使うエクササイズは、歌が上手になる早道です。

喉がひらいてきたら、次は軟口蓋を引き上げる必要があります。
軟口蓋を引き上げることで、口の中の空洞を大きくし、声が響きやすいようにするのです。


ところで、私たちがふだんしゃべっている日本語は、子音を発してから母音を発声する「子音+母音」の組み合わせです。それに反して、英語など他国の言語は、発声器官をより多く使います。日本語では使わない発声器官を必要とする言語も多くあります。そのひとつが、軟口蓋です。


歌の上手な人や流暢な英語をしゃべる人は、ふくらみのあるよく通る声を持っていますが、軟口蓋を使って発声しているからこそ可能なのです。つまり、歌が上手になりたい、もしくはネイティブのように英語をしゃべりたいと望むなら、喉をひらいたあとは軟口蓋を引き上げるエクササイズが必要ということになります。

ほんの一部ですが、YOUTUBEに載せていますので一緒にやって感覚をつかんでみましょう!


『ミラクル・ボイス・メイキング』Vol.3歌が上手になる早道・軟口蓋



「ハローボイス」を使ったメソッドを,「LINA's メソッド ミラクル・ボイス・メイキング」と題し、目からウロコの発声法をまとめ、書籍とDVD---にしました。1日10分で良いので、少しずつエクササイズしてみ-て下さい。あな-た-の声やマインドが大きく変化していくことが実感できるでしょう。


http://www.animatojp.com/hellovoice/



posted by LINA at 04:13| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

声優さんのボイトレ。「ハローボイス」活用法

昨年末、そして年明けの年始まで、「ハローボイス」発売の準備に携わっていたので

仕事始めがいつだったのか分からないというお正月でしたが、

ボイトレのレッスンは今日が仕事始めとなりました。



今日のレッスンは声優さん関係のレッスンです。



台詞を言うということについては、俳優さんも声優さんも同じでしょ?と思うかもしれませんが、

表現するメディアによって、発声法は変わるんです。



俳優さんでも舞台とテレビ、映画では、台詞回しをはじめ、声の大きさだって違うし、

言葉の表現の仕方も違います。



声優さんは、マイクの前で表現しますからライブ?でない限り、録音物で勝負です。

だから基本はマイクにしっかりのる声でないと表現も何もないわけです。



そういう意味ではやはり響きのある声、台詞のフレージング、イントネーション、アクセント、プロミネンスが

自由自在にコントロールできないとマイクの前での表現が薄いものになってしまうのです。



そんなわけで、ハローボイスも発売になったことですし、今日は二人に使ってもらいました。

お二人はとても良い声を持っているんですが、喉の奥が固くて開かず、どうしても口発音になってしまい、

作り声っぽくなってしまうのです。

「作り声」は一昔前でしたら、アイドルっぽくて可愛いキャラとして「良し」とされた時代もありましたが、

今はどちらかと言うと敬遠されてしまい、そういう声でしゃべる人はキャスティングされません。

(時代の流れとともに、その辺も変化しているんですね)

だから矯正していかなければならないんです。

でも、分かっていても自分の感覚ではつかめない、体感できない。



…それが、今日お二人に使ってもらってすごく分かってもらい(体感してもらい)ました。



わずか30分レッスンのうち15分でですよ!



使う前の台詞と、使ったあとの台詞がまったく変わっていく声の違いが本人の耳で分かってもらえたんです。



あー、良かった!年明け早々、声のお年玉です。



将来のあるお二人なので、これをきっかけにどんどん変わっていって本当の台詞。本当の表現を

ゲットしていただきたいです!



それから、DVDに収録し切れなかった映像、または収録されている映像の少しの部分を

ボイスエクササイズのシリーズとして公開しています。

よろしかったらこちらものぞいてみてくださいね!


ハローボイスを使ったボイトレ『ミラクル・ボイス・メイキング』Vol.1




ハローボイスを使ったボイトレ『ミラクル・ボイス・メイキング』Vol.2

posted by LINA at 01:56| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

ハローボイス元年!

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします!

さて・・・・新年早々!

今までの沈黙を破り、とうとう完成!

菅原里奈考案・監修「ミラクルボイスメイキング」
〜あなたの本当の声を見つければ人生は大きく変わる〜
発声補助器具「ハローボイス」2010年12月28日発売!

tenmihon2.jpg

ボイストレーナー歴25年の中で私が感じてきたことは、
どんなに素晴らしいボイストレーニングやテクニックを受け、
歌詞の表現方法を勉強しようとも、
根本の喉がひらいていない限り、歌は上達しにくいということです。
また、音程がとれない、喉が痛くなるなど、これらの原因は、
喉がひらいていない、舌やあごに力が入っていることによるものだということを
常々感じてきました。つまりそれらの問題は、
喉の開き方の発見によって解決されることが殆どであるということを、
実感する場面を多く見てきました。

「ハローボイス」は数々のアーティスト育成の実績を誇る、
ボイストレーナー歴25年の菅原里奈が、長年の経験と
技術の蓄積に基づいた発声理論をもとに考案された
発声補助器具の名前です。

そして
そんな「ハローボイス」を使ったメソッドを
「ミラクルボイスメイキング」と題した本にまとめました。
また本だけではわかりにくいと思うので、本の内容をDVDにて
より詳しく説明することにいたしました。
本とDVDを見ながら1日10分で良いので、少しずつ
エクササイズしてみて下さい。

ハローボイスHP http://animatojp.com/hellovoice/



声は、歌はもちろんのこと、健康面においても、
ビジネスにおいても、重要なポジションにあります。
ですから、あなたが自分の本当の声を見つけることにより、
コミュニケーション方法や環境が変化していくならば、
人生はより素晴らしいものへと大きく変化していくと私は考えています。
なぜならば、私自身が長い指導歴の中で、今までそのような場面を
数多く見てきたからでもあります。
実際、「HELLO VOICE」を使ったコーラスのグループレッスンで、
生徒さんたちの声が急激に出るようになり、場の雰囲気が急激に
明るく楽しいものになったことや、高齢者の方たちの歌クラスで
皆さん笑顔で元気になっていくことも目の当たりにしてきました。
喉をひらいて楽な発声をマスターすることができれば、今よりも
もっとうたうことが楽になり、上手になり、好きになっていく
ことでしょう。
そしてあなた自身の人生もますます軽やかで心地良いものに
変化していくと思います。
さぁ、正しい発声の喉の形をつくりあなたの理想的な声を
みつけてみませんか?
私がそのお手伝いをさせていただきます。
posted by LINA at 00:41| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする