2013年03月26日

カラオケで上手くなりたい(女性72歳)のレッスンレポートその1

昨年のことですが、カラオケで上手になりたいと希望する72歳の女性のレッスンをしました。
もし同じように思ってらっしゃる方がいたら何か参考になればと思い本人の許可を得て、このブログに掲載しますので参考にしてみてください。
その1からシリーズでその8位まであります。

2月の中旬頃、オフィスに電話がありました。
電話の向こうは72歳のカラオケが趣味で、演歌が好きな女性。相談内容を要約すると
「1年に1回のカラオケ教室の発表会が4月にあるのだが、今年こそは上位になりたい。
今年で8年目の出場になるのだが毎回いつも評価されない。出場するのをやめようと思ったが、一度ちゃんとレッスンを受けてから自分の力をもう一度を試してみたい」
とのことでした。
大会は4月の中旬。大会で上位を狙う。…あらら、責任重大です。

女性に聞くと、カラオケ教室では団体レッスンと数回ソロで歌うレッスン。でも趣味のカラオケクラブでほぼ毎日カラオケボックスに行って練習はするそうです。
またボイストレーニングはしたことがないということでした。
そこで、大会までの約6回をマンツーマンでレッスンすることになりました。

さてレッスン初日。

まずは大会で歌う曲を聞かせていただきました。
曲は天童よしみさんの「ふたりの舟歌」

その女性の声を聴いてまず思ったこと。
●自分の本当の声を使っていない。
●身体を使って歌っていない。
●上半身、喉、あごに力が入っている
●口の開き方が横なので舌と唇に力が入っている
●ブレスが浅い。(歌のフレーズ終わりのブレスを間違えている)
●こぶしをわざと(喉で)作っている
などです。

さてさてこの曲は難しい曲です。
なぜならウラから入ってくるフレーズなのでリズムに乗れないとモタったり走ったりします。

もちろん歌そのもののレッスンは必要ですが、まずは
「声をしっかり出すことから始めましょうね」
と言ってレッスンカリキュラムを説明しました。

最初の3回までは発声に3分の2、歌は3分の1の時間を使います。そのうち声がでてくると歌の色々なところが楽に歌えてくるので歌のレッスンの比重を多くしていきましょうというように説明しました。

そうです、もちろん歌は大事なのですが、その方の土台、
つまり声の出し方を矯正していけば、今まで形だけを
追っていた歌が、ホンモノになっていくのです。

つまり、上記の「使っていない」を「使える」ようにし、
「開発されていない」ところを「開発」していけばよいのです。

字数に限りがあるので、続きはその2へ…




posted by LINA at 12:51| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

昨年度の活動報告

声のブログを開いてみたら、なんと昨年の7月から
全然更新していないんですね。。。。

本当にめまぐるしく活動してはいましたが、
書こうと思えば書けたはず…… 自分の筆不精に
落ち込みます…。

ブログネタは沢山あったんですよね。
今年はもう3ヶ月が過ぎてしまいましたが
なるべく思いついたときにマメに書こうかと
決意する私でした。

さて、昨年は、ボイストレーニングのイベントが多数ありまして、
延べ300名位、新規に健康ボイストレーニングを
体感していただきました。

それから、ハローボイスの効果も確かめてもらう
『里奈の声のお悩み相談室』もありました。

NEC_0002.JPG

NEC_0004.JPG

NEC_0003.JPG

昨年の8月以降の活動は以下です。
10月2回 「元気になる!健康ボイストレーニング」抽選による受講者20名
10月2回 「ゆったリズム」のボイストレーニング 希望者50名
11月15日 「元気になる!健康ボイストレーニング」抽選による受講者20名
11月28日  シニアクラブ 「大きな声で歌って元気になりましょう」150名
8月〜12月 うたごえ倶楽部、浦和うたごえ倶楽部、お悩み相談室 50名余

出来る限り、資料として写真を掲載しますね。
北区にての「元気になる!健康うたごえ倶楽部」at 赤羽北ふれあい館
P4201055.jpg

浦和「健康うたごえ倶楽部」at 浦和喫茶『蔵王』
P4231139.jpg






posted by LINA at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨年の活動から… 健康ボイトレ(声のブログから抜粋)4

昨日は、北区主催のシニア元気塾の講師に行って来ました。
抽選で選ばれた20名の50代から80代の方が対象です。
この講座は1講座2時間、4回で完結!ボイトレの
ダイジェスト版のような感じです。

区のいきがい課の方がおっしゃるにはこの「シニア元気塾」の
シリーズは今春で4年目なのだそうですが、今までの中で
最高の応募総数を記録したそうです。

すごい!最高だって…。
それだけ皆さんの中に健康と声を出すことに興味があるという
ことの表れなのですね。

皆さん初参加ということもあって最初は緊張されていました。
ところが終わる頃にはもうホント笑顔で充実感満載で帰られて
いきました。

昨日のメニューです。
1.自己紹介
2.座学 (健康と正しい呼吸法、発声のしくみと関係)
3.声と喉に良いストレッチ、体操
4.無声音でブレス練習

〜休憩(この間、ペットボトルで発声補助器具作り)〜

4.発声してみましょう!
5.ペットボトル発声補助器具の使用前と使用後の違い

上記だけみれば なんのこっちゃ って感じですけど
そこは分かりやすく説明しました。

「ペットボトル発声補助器具」…本当はハローボイスを使うと
もっと口にフィットして声の変化が分かりやすいのですが、
そこはサイズは違っても、ペットボトルでもきっかけとしては
十分に効果はあるので使い方を説明して発声してもらいました。

この方法を使ってボイトレしてからもう5年くらいになりますが
これが効果がすぐ分かり、しかも実用的です。
ボイトレで、色々な方がお箸を使ったり、ピンポン玉を使ったりと
日用品を使った練習方法が多数ありますが、この方法が
一番分かりやすいです。
このやり方でボイトレを教えているのは今のところ私だけで、
さすがに皆さん、このペットボトルの使い方は驚かれていました。
(この方法は上川一秋先生の「英語喉」からきています)

本当にあっという間の2時間。
いきがい課の方たちにも一緒に声を出してもらい
とても楽しかったと好評価でした。
「お疲れ様でした」の挨拶の後、皆さんの声が大きくなって
すごい笑顔で帰っていたのが印象的でした。
本当に皆さんが元気になっていくのをみるのは嬉しいことだと、
私にとっても充実した時間でした。


それでは今日の1ポイント健康ボイトレの豆知識!

毎年お正月にテレビを観ていると、高齢者がお餅を喉に
詰まらせてしまい病院に搬送されたというニュースが
流れてきます。
いえいえ人事ではなく、高齢者だけかと思ったら、
年々年齢層は広がっているそうで・・

原因は、噛む力、呑み込む力が弱まっているからなのです。。
で、これを解決するには、普段からしっかり噛んで食べることと、
「喉を開いて大きな声でしゃべる」のがよいのです。

これ、テレビで咽喉科の専門の先生もおっしゃっていました。
「喉を開いて声を出す」
つまり、歌と同じで喉を開いてしゃべる、口を開ける、
ということが大事なんですね。

日本人の発声は、英語と違ってどうしても口発音になって
しまいます。つまり喉を開かなくても発音できるので、
自然とその発声方法で歌を歌ってしまいます。口発音は、
舌根が上がってしまい、喉の奥が狭くなってしまうのです。
ということは、歌のブレス方法である腹式呼吸が
できにくいのです。
それでもなお日本語をしゃべるのには支障がないから、
ついそういう呼吸、発声方法になってしまいます。
そうなると飲み込む力も弱くなってしまうのです。

人間の本能である食べ物を飲み込む動作は
舌根が下がる(喉が開く)のです。
喉を開く=つまりあくびやうがいをしている時と
同じ状態で声を出すのです。

結論!
正しい発声法は健康へ導いてくれます。
posted by LINA at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨年の活動から… 健康ボイトレ(声のブログから抜粋)3

続いてその3です。

昨年秋に好評だった、
『元気になるいきいき健康ボイストレーニング』が
明日から始まります。
この講座は今回で2回目を迎えます。

(2/21 2/28 3/6 3/13 の午後2時〜4時 計4回)

今回も大勢の方に申し込みいただきました。
なんと20名の定員に対して申込者は、年齢は下は50代から
70代までの方108名。
その中から抽選で20名選ばれたそうです。
嬉しいですね!

ちなみに前回の様子を北区の健康いきがい課の
担当の方が実施後のアンケート結果を送ってくださいました
ので掲載しますね。

画像


画像


講師の私としてはとても嬉しいアンケート結果です。
だって、受講しての目的達成度が100%、
講座内容、講師についての満足度が100%  って…、
すごいこと!ですよね。

今、とても健康ブームですが、何かのサプリメントの
力を借りたり、何かの美容器具の力を借りてアンチエイジング
(若返り)をするのではなく自らの力で、
1、簡単に、そして

2、楽しみながら、
3、毎日に活かして、
4、いきいきと元気になっていく

これが大事だと思うのです。

はい、私は皆さんの元気になれるきっかけがこれで提供できたら、
本当に嬉しく思います。
posted by LINA at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨年の活動から… 健康ボイトレ(声のブログから抜粋)2

続きましてその2です。


NHKカルチャーCでやっている
「元気になる!健康ボイトレ」が
10月だけの限定期間ではありますが、毎週火曜日に
北区のシニア元気塾
「元気になるいきいき健康ボイストレーニング」として開講
します。

北区の講師制度での講座となるため、
このような企画が実現したのです。

この募集は『北区ニュース』 9月の1日号にて掲載
されました。
そして、北区役所のいきがい課から、受講者決定と
募集状況の報告が届いたのですが、20名の受講生に対して
なんと106名の応募があったそうです。

すごいすごい!
ああ、でも86名の方は抽選にもれてしまったのですね。

でもいきがい課の担当の方のお手紙には、希望者が多く
選にもれた方が多いので、来年の2月か3月にもこの企画を
行いたいということが書かれていました。

いいないいな、みんなこの健康ボイトレで元気になって
いただきたいです!

今回のメニューはこんな感じです。


1回目 声を出す体力づくり:ストレッチ・身体の開放・腹筋
     発声の基本:呼吸法・発声練習

2回目 声を安定させる身体づくり:ブレスと腹筋
     発声:スケール練習・表情金のトレーニング

3回目 発声ボディトレーニング 10/4と10/11のまとめ
     発声練習と滑舌トレーニング
     大きな声で朗読しましょう:百人一首

4回目 発声ボディトレーニング
     発声練習とリズムトレーニング
     大きな声で歌ってみましょう


楽しみですね〜〜〜!
posted by LINA at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨年の活動から… 健康ボイトレ(声のブログから抜粋)1

新しい記事もそうですが、今まで書いてきた健康に関する
ボイストレーニングの活動記録を転載していきます。
本編が気になった方はそちらも是非閲覧してみてくださいね。

『嬉しかったこと』2011年6月と9月より
その1.
私は月に2回、練馬区のNHKカルチャーCにて、
ゴスペルクラスだけでなく、
平日の昼間に「元気になる!健康ボイストレーニング」
というクラスも持っています。
このクラスは基本であるブレスと声だしに重点をおいて、
歌がうまくなるのはもちろんのこと、元気にそして健康になって
更に若返ってもらうことを目的としています。

つい先日のことですが、受講生の奥様がレッスンの後、
私に話し掛けてくださいました。
なんでも先日運転免許を更新してきたということですが、
その際、5年ぶりに写真を撮影して、以前の免許と比べたら、
明らかに今回の更新免許の写真のほうが
若く見えると言うのです。

そう、私もそれは感じていました。夏前あたりから顔つきが
変わってらしたのです。
ボイトレの中では、顔の表情筋を鍛え、色々な部位を
マッサージしたり、実際に声を出して
喉の筋を伸ばしたりしています。そうしていくうちに、
声がまっすぐ:前に出るようになり、
必然的にハリが出てきて若返るということです。
ホント!皆さんの顔つきが変わってそうですねーー、
平均10歳は若返ります。

その2.
ボイトレをしていますと、
いろんな方がいろんな目的でいらっしゃいます。

現在、健康を目的にしたボイストレーニング講座も
開いているのですが、
初日に「この講座へ来たきっかけは?目的は?」 と
リサーチしましたら、

◎ 声を出す機会がないので、ストレス解消したい。
◎ 歌が上手くなりたい。
◎ 麺ものを啜ると咳がでてしまうので。
◎ 美容のため。

と、さまざまでした。
そうですね、どれも当てはまりますね。

受講されている方の中には、パーキンソン病の
かたもおられていて、
そのかたは、「口と顔の筋肉の訓練と、大きな声を
出すことが療養のひとつなので」
とおっしゃっておりました。

パーキンソン病
http://health.yahoo.co.jp/katei/detail/?sc=ST020230&dn=2&t=key

ここでいうボイトとレは、腹式呼吸と、喉の開放、
そして顔の筋肉や声を出すための
筋肉の緊張と緩和です。

そして4月から開講して1ヶ月経ち、
「その後変化はありましたか」と聞いてみました。
すると、麺が喉につまってしまう方は咳き込まなくなった
と言い、声が小さかった方は本当に大きな声が出て、
正直、最初お会いしたときに暗い顔をしていた方は
頬骨が上がり、明るい顔になってきました。

声は出した人モン勝ちです。
これから自分が変わり、どんどん楽しくなってきますので
続けて声を出す努力をしてくださいね。

前回のブログの聾唖者のリハビリではないですが、
声を出す(歌う、しゃべる)ことがあらゆる
両方に結びついているのだとあらためて感じました。
posted by LINA at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

「里奈の声のお悩み”生”相談室 in 愛知 」

梅雨が明けたと思ったら、連日とてつもない暑さが続いています。
ご無沙汰しています、里奈でございます。
普段から更新が途絶えてしまう私のブログですが、
お知らせごとがあって、久しぶりに更新します。

さて私は、NHK文化センター、高円寺DAM倶楽部 他で
健康ボイストレーニングを開催していますが、
受講者の方で出なかった声が出るようになったり、
歌っているときの顔が美しくなっていったり
するのを目のあたりにすると本当に心から喜びを感じます。

雑誌『歌の手帖』の誌面コラムもよく読まれているようで
色々と質問を受けるときもあり、声に対して皆さん真剣に取り組んでいるんだなと
感じます。
なので、昨月から始まった出張声のお悩み相談も、
やれる限り頑張ってやっていこうと思っている今日この頃です。
(昨月は大阪市内の西区民センターにて開催)

そんな訳で、「里奈の声のお悩み相談室in愛知」 を開催いたします。名古屋お悩み.jpg

「里奈の声のお悩み”生”相談室 in 愛知 」
7月27日(金)
愛知県名古屋市「青少年文化センター アートピア」(地下鉄矢場町駅徒歩5分)
名古屋市中区栄三丁目18番1号ナディアパーク内 デザインセンタービル
13時30分〜15時30分(グループレッスン)
16時〜21時(個人レッスン)

7月28日(土)
愛知県碧南市「碧南市文化会館」(名鉄碧南中央駅徒歩10分)
愛知県碧南市源氏神明町4番地
13時30分〜15時30分(グループレッスン)
16時〜21時(個人レッスン)

上記料金はともに、グループレッスンが1,000円、個人レッスンが60分 6,000円
グループレッスンは予約不要。個人レッスンは完全予約制です。

ご予約・お問い合わせはすべてアニマートまで。
合同会社アニマート
info@animatojp.com
TEL 03-6677-0572

お近くの方、お待ちしています。







posted by LINA at 14:22| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

「声のお悩み相談室」開催!

かねてから、潟}ガジンランド社の「歌の手帖」に
「里奈の声のお悩み相談室」というコーナーを連載していますが、
その「歌の手帖」の1年に1回の歌の祭典 「Kリーグ」が
4月22日(日)にヤクルトホールで行われます。

私も、その歌の祭典に参加させていただく意味合いをこめまして
その日に、紙面を飛び出して、出張お悩み相談室を会場のロビーで行います。
ロビーにてハローボイスのブースがありますので、
そこで1ポイントボイストレーニングを行っています。
もちろん無料ですし、ちょっとしたおみやげつきです。
お悩みがありましたらお声かけくださいね。

onayamitaremaku.jpg

そしてそして、その日まで、明日19日から23日までの5日間、
まさにキャンペーンの一環としてとして、声のお悩み相談、
ワークショップを行います。
詳細はこちら 

【「無料電話相談室」「“生”相談室」について】
遠方につき、東京までなかなか来られないという方のために、
1日限りの「ワンデー・声のお悩み無料電話相談室」を開設します。
また、現在月刊誌「歌の手帖」にて菅原が連載中のコラム
「里奈の声のお悩み相談室」が誌面を飛び出し、初めての“生”相談会を開催します。

プロになりたい方、カラオケ大会で入賞したい方、もっとうまくなりたい方を中心に、
菅原による正しい発声法や上級者向けの指導及びプロとしての心得、
綺麗に見えるステージングや選曲指導の他、「ハローボイス」の使い方指導などの
個人相談もお受けいたします。

■「ワンデー・声のお悩み無料電話相談室」
日時:2012年4月19日(木) 13時〜17時
TEL :03-6677-0572
※限定10名様まで。お電話にて「電話相談室を受けたい」旨お伝え下さい。
菅原にお繋ぎいたします。
※なるべく多くの方の相談をお受けしたいので、ご相談は20分以内にして
いただきますようご了解下さい。

■『元気になる!健康うたごえ倶楽部 東京・北区クラス』
健康に役立つ発声法やうたをうたう楽しさ、喜びを、多くの方々に知っていただく目的で
「元気になる!健康うたごえ倶楽部」を開催いたします。
当日は声と喉に良いストレッチをしたり、みんなで歌をうたったりします。
日時 :2012年4月20日(金) 14時〜16時
会場 :赤羽北ふれあい館2F ホールB
    赤羽北2-25-8 アクトピア北赤羽六番館(埼京線北赤羽駅下車徒歩1分)
    TEL 03-5963-6363
参加費:1,000円
参加費 : 1,000円(ソフトドリンク、お菓子つき)
      ※「ハローボイス」ご持参の方は500円引き。

■「里奈の声のお悩み“生”相談室」
日時  : 2012年4月21日(土) 18時〜20時
会場  : セシオン杉並 大音楽室(丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分 他)
アクセス: http://www.yoyaku.city.suginami.tokyo.jp/HTML/0030.htm
講師  : 菅原 里奈(講師、歌)、ララリーヌ(ピアノ演奏)
参加費 : 1,000円
      ※「ハローボイス」ご持参の方は参加費500円引き。

■『元気になる!健康うたごえ倶楽部 さいたま・浦和クラス』
日時 :2012年4月23日(月)、5月21日(月) 14時〜16時
会場 :喫茶・蔵王(JR各線浦和駅下車県庁前)
    さいたま市浦和区高砂3丁目10-4
    TEL 048-862-4503
参加費:600円(別途飲食代要)

【参加申込み・お問い合わせ先】
全講座、イベントの参加申し込み及びお問い合わせは、
お電話かFAX、E-MAILにてお願いいたします。
TEL  : 03-6677-0572
FAX  : 03-6850-6916
E-MAIL: info@animatojp.com
※ご氏名、ご連絡先、人数をお知らせ下さい。

【全講座、イベントに必要なもの】
・500ml円柱ペットボトル(空)
・少し大きめの手鏡
・「ハローボイス」をお持ちの方は本体をご持参下さい。
・当日『ハローボイス』ご購入を希望される方には500円割引券がつきます。

ハローボイスキャンペーンののぼり
HVnobori.jpg



posted by LINA at 12:37| Comment(0) | レッスン・ボイトレ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

方言と発声と発音の関係

お久しぶりです。活動をしていると、次から次へと
やることが増えてきて「あ、これ書こう!」とか、ブログネタはあるのに
落ち着いて書く時間がない…。
随時ブログの更新をしている人はすごいなと思います。
おまけに自分のパソコンが壊れてしまい、あらゆる設定がリセット状態になると
それだけでも気が重く、なかなか行き着かないのです。

さて、愚痴はこの位にして、最近気になっているのは、発音と方言の関係です。
私のところには色々な方が歌を習いに来ていますが、特に興味をひくのは
出身地と鼻濁音の関係。
東日本と西日本で分けて言えば(ちょうど人数が半々位なので)
東日本のレッスン生の特徴
●声がこもりがち
●発音の点が喉の奥あたりが多い
●口があまり開かない

西日本のレッスン生の特徴
●声が大きい(1本の声が出てくる)
●発音はっきりしている
●促音が言えない
●鼻濁音が苦手

↑あくまで私の受け持つレッスン生の特徴です。

極論で言えば私の考えは、
1、声は身体で作り出されるもの
2、音程は軟口蓋の奥でとるもの
3、発音は響で作れるもの
と捕らえているので、レッスン方法をゲームに例えれば
上から攻めるか、下から攻略するかの違いなもので
最終的には同じところで落ち着くわけです。
ただレッスンする方にしてみれば、ここは出来るのにここがやりづらい的な感じになるわけです。

そこで二つの面白い動画を見つけました。
1つは、「英語喉」の著者であり、日本人の英語発音方法の改革をしている上川一秋先生のブログから。
2つめはカラオケ愛好者で、ジャズも大好きな、趣味人倶楽部のひろひろさんというお気に入りさんの日記からどちらもとても参考になります。

英語喉?広島県人は、英語を勉強していなくてもネイティブ発音



ブログはこちら→ http://nippondream.com/eigonodo/archives/2045 

津軽弁でジャズ



つまり方言はとても英語=歌の発声方法に近いということ。
これはリラックスした状態で声を出しているからだと思うのです。

さらに発音は口を動かして発音するものではなく、
私、昔からレッスン生には腹話術と発音の関係を言っているのですが
発音は響で捕らえる=つまり母音がしっかり喉の奥から(舌の動きを使わずに)
出てくると大概の発音が楽に出来ます。でなければ腹話術は成り立たない。
そう考えるのです。
この辺についてはまた改めて書こうかと思います。





posted by LINA at 12:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

やりたい!って思った時の年齢は

毎月1回のペースで行っている
浦和の喫茶店『蔵王』での
健康うたごえの会では、毎回様々な年齢の方が
集まってにぎわっています。

中でも、92歳になる「えーちゃん」という方がおりまして、
(私たちは皆さんをニックネームで呼んでいます)
この方はいつも元気に川口から通ってくださっていて、
えーちゃんのうたごえが更に私たちを元気にしてくれるんです。
喫茶店なのでお茶会をしながら歌うのですが、
このえーちゃんの話が面白くて、これも私の楽しみのひとつです。

えーちゃんは青年時代、ロシアに戦争に行って
終戦後日本に戻ってきてからずっと生きている中で、
ちょうど88歳を迎えた時に、
「これからはやりたいことがあったら、何でも挑戦してみよう」と決意したそうです。

で、まず何がやりたいかって思ったら、自分は音楽が大好きだからピアノを弾いてみたい!
って思って88歳の時に初めてピアノを習いに行き始めたんですって。
最初は大変だったらしいんですが、今では短い曲なら弾いてしまうそうです。

いやー、びっくり!88歳でピアノを習い始めるって…、
本当にやりたいと思ったら年齢は関係ないんですね。
何歳であろうとも気持ち次第なんです。

そしてえーちゃん、ピアノを弾くことができるようになったら
ますます欲が出てきて、次に何がやりたいかって考えたら、
ピアノを弾きながら歌いたい!って思ったのだそうです。
それにはまずは大きな声で歌いたい!って思い、
そこから色々なうたごえ喫茶に顔を出すようになったのだそうです。

そう、いつも大きな声で歌ってくださってます。
そして時々、「カチューシャ」をロシア語で歌ってくれます。
多才な方で、替え歌も作ってきてくれます。
(ペンネームを持っていて、短歌とかも作っているそうです。)

えーちゃんが笑いながら言うんです。
「いや〜、死ぬことを忘れてきちゃったんだよ。
生きてて楽しいことをたくさんしなくちゃね!」

納得!「元気の源」ってここなんだなって思います。

そんな『元気になる!いきいき健康うたごえ教室』は次回3月19日です。

歌声喫茶「元気になる!いきいき健康うたごえ教室」
2012年3月19日(月) 
場所:「喫茶・蔵王」JR浦和駅西口下車 徒歩7分
住所:さいたま市浦和区高砂3-10-4 TEL/048-862-4503
講師:菅原里奈(ボイストレーナー)
   ララリーヌ(アコーディオン)
   時間:14時〜16時
料金:600円 (別途 飲み物代・要)


この講座は健康維持のため、そして気持ちよく歌をうたうための
健康歌声教室です。
講座ではその日の課題曲を決め、
上手に歌えるワンポイントアドバイスも含め、みんなで歌をうたいます。
大きな声で歌って、歌も上手になり、心も体も元気になりますよ!
お問い合わせ、お申し込みは『蔵王』まで。

201110061551002.jpg

utagoekissa831.jpg


posted by LINA at 11:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする